« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004年7月30日 (金)

ルパン三世

物心ついたときにはルパンのテレビアニメがとっくに始まっていた。当時幼い私はルパンが泥棒であることすら理解していなかったにもかかわらず、ルパン三世のアニメが大好きだった。アレを見て育ったといってもいい。信じられないテンポで30分以内に収められた奇想天外な展開、渋くてセクシーで個性的なキャラクターと声、ワンパターンなのに飽きさせない不思議さ。アニメが始まるともう画面に釘付けだった。何より、全体がとってもオシャレなのがたまらない。テレビアニメが始まったのがもう20年以上前なのに、今でもぜんぜん色あせないセンス。ウィットの効いたセリフ、カッコイイ音楽と絵の使い方、それらがすばらしく組み合わされてていた。そして子供心に、不二子ちゃんのファッションがセクシーなだけでなく、非常にオシャレで不二子ちゃんにしか着こなせない個性的なセンスを感じていた。ただ流行りモノを着ているのではなく、彼女の魅力を最大限に引き出す為の、彼女の為に用意された服だ。ルパンはそんな不二子ちゃんがお宝より大好き。不二子ちゃんはルパンがお宝の次に大好き。ルパンがお宝を盗んで銭形をだしぬく喜びと、不二子ちゃんがルパンをだしぬいて遊ぶ喜びはきっと似ている。二人とも、だしぬく相手が大好き。さらに不二子はだまされるルパンを見て、ルパンの自分への愛と奇妙な絆を密かに心ゆくまで味わっている(かもしれない)。そんな二人を見てあきれるクールな次元と、どこか純情でカワイイ五右衛門(次元は真夏に見ると暑苦しい)。
今回の金曜ロードショーで放送されたルパンのアニメは私から見ると全体的にテンポも遅く、おとなし目で物足りない。ウィットやオシャレにも不足していて、ただなんとなく雰囲気でキザっぽくさせているだけのようだ。夏休みの子供向けに、「ルパン三世」の特徴的なポイントをさらっとおさらいしているのかもしれない。不二子のファッションもただプロポーションのいい身体に流行りモノを着せただけで個性が少ない。お色気描写もなーんか中途半端だし。
「バッカモーン! そいつがルパンだー!!」というとっつぁんの叫びも聞けなかった。
ワンパターンでもいい。「ルパン三世」の魅力を最大限に出してほしかった。
あと、五右衛門と中国人が戦うシーン、2人の顔がなぜかモンキーパンチの絵ではなく、むしろなぜか
横 山 光 輝 ! ! (ジャーン ジャーン)

2004年7月29日 (木)

異常気象と変な台風

異常気象がはっきりと肌で感じるようになった1年前。当時の夏、私は8月でも長袖のシャツを着ている日があった。
こんな変な夏は生まれて始めてだった。雨ばかりで。冷やし中華や冷製パスタがちっともおいしいとは思えない夏。
その時ヨーロッパではあまりの暑さに倒れる人が続出し、死人まで出るありさま。パリの噴水で水遊びをする人々がテレビにも映った。
今年、6月から日本はとても熱くなった。梅雨は短かった。
一方、ヨーロッパではドイツで雪が降ったという。
地球のドーシャバランスが徐々に変化しているみたい。実は、地球のドーシャバランスが大きく変化した時期は過去何度もあった。いわゆる氷河期などがそれに当たる。その反面、地球の平均気温が今より高い時代もあったそうだ。
きっと過去、そんなドーシャの変わり目の時期も異常気象が起きていたのではないかと思う。今の異常気象が氷河期の前触れとは言わないけれど。
今回の変な動きをする台風もやはり地球のドーシャ変化の影響ではないか、などと考えてみる。これから地球のドーシャがどんな風に変化していくのか、まだ分からないけど。
今回の変な台風。もしあれに「性格」や「体質」があれば、鉄板で「カパ」だな。優柔不断だし。台風、普通はどちらかと言うとヴァータの特徴が強い。

2004年7月27日 (火)

血液型占いが某社内で人気らしい。

私は某社モバイルサイト上で血液型占いコンテンツの原稿を書いている。掲載は月2回。
で、この前も原稿を書いたばかり。今日来たメールによると、実はこの占い、依頼元の社内で社員達に人気なのだそうだ(マジ)。「社内でかよ!」などとつっこむなかれ。社員もコンテンツを見ている普通の人と同じ。
思い出せば生まれて始めてフリーの占い師としてどこの業者も通さずにオファーを受け、単独で会社と取引&打ち合わせをしたのがこの会社。打ち合わせ当日、私は緊張でガチガチになっていて、カフェのテーブルをはさんだ向こうの相手を見れば私とそう歳の変わらない新入社員らしく、向こうも私と同じ位緊張して(見え)たので何か安心した。
この血液型占い、興味のある人は左のリンク集から見られます(無料)。


2004年7月20日 (火)

ラジオで地味にレギュラー持ってたり。

21日もFM湘南ナパサにて19:30~21:00 元気が出るラジオ「水曜ハイテンション」の中の占いコーナー(20:30~)に出演します。実は毎月第3水曜日のレギュラー出演。
コーナー名は「占い師AYAとタロットの世界」。78.3Mhz。ナパサのHPはhttp://www.fmshonan783.co.jp/
湘南地方など、可聴域にお住まいの方は聞いてみて下さい。リスナーさん全員を対象にした占いをやってます。キーワードは「聞いて めくって 運勢すっきり」

2004年7月15日 (木)

今日、地元がすごい雷雨。先週の選挙の日もすごかった。
実は子供の頃から私は雷が大嫌い。
あの、前触れもなくイキナリ光ったりでかい音出したりするのがキライ。びっくりするから。本当に、ありえなくらい驚くので、傍から見てれば面白いと思う。今日もカード切ってる最中に世界が真っ白に点滅して目がくらんだ瞬間形容しがたい音が響いた。
近くに落ちると、「カシーン」とか「パリーン」と乾いた高音が鼓膜を弾き飛ばす。私も驚いて部屋の中で勝手に弾き飛びそうになる。

もうね、「ろりろり」ですよ。

2004年7月14日 (水)

チベット人の書いたシャーロックホームズ

気がついたらずっと記事書いてない。仕事は徐々にだが雰囲気に慣れて来た。電話鑑定やってるのに電話の応対は下手だけど;
何より、チベット関係の資料が読めたり、チベット人(通称チベタン)と世間話が出来て楽しい。
「うちの子が仔猫拾ってきちゃって困ってるのよ」とか。
やはり子供はどこも変わらない。大概1度は生き物を拾って来る。私もまだ目も開かない捨て猫を拾って来た事がある。拾って3日目に死んでしまったが・・・

なお、シャーロックホームズファンのチベタンが、今度主人公ホームズの「空白の3年間」に起きたエピソードを小説として出版し、その翻訳が日本でも発売されている↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309204074/ref=pd_sim_dp_3/249-6991458-4229941

2004年7月 7日 (水)

夕べ見た夢

麦の穂からばらばらになった麦の粒と、ネックレスからばらばらになった小さなクズ石のようなトルコ石。
それらをかき集めて一緒に袋に入れて大事にしまうというもの。
解釈は、
トルコ石が「仕事を通してじょじょに一つずつインスピレーションを得てゆく暗示。一つ一つは一見地味でささいな物事だが、どれも意味がある」
麦の粒が「一つ一つはわずかな利益だが、あつめればそれなりの形になる利益」
まとめると、「金運(お金)的にしろ精神的にしろ、少しずつ発展し、『チリも積もれば山となる』」

2004年7月 2日 (金)

占い師、初めての仕事に挑戦。

「占い師が見た夢の正体」で書いたように、チベット人の下で週に2回働くことになり、今日がその初日。
まずは仕事を覚えることが先決。先輩の仕事をよく見てみる。言葉遣いは占い師が客に対して使うものとはまた違う
丁寧さが必要。とっさにあの「秘書言葉」を使いこなせるだろうか・・・
不安と無責任なわくわく感は、始めて友人主催のツアーでチベットへ行った時と似ている。
最初は緊張していたのか、給料の出所である大事なチベット人のボスが「そこのカバンとって」と3回ほど言ってるにもかかわらず、うわの空でのろのろとしか動けなかったが(ボス、無視されたと思ってないだろうな?)、先輩と昼食を済ませてからはダレそうなほどリラックス。というより、今日は小学生でも出来る書類の整理を1日中やってたせいだ。そのあと先輩の仕事をお手本に、次にオフィスに電話が来たら自分で電話の応対をしてみる。いきなりお得意さんのエライ人から電話。どうやら大変穏やかで気さくな人であるらしい。あの言葉遣いが出来たのは最初だけで、相手から親しげに「いつもお世話になってます」と言われ、とっさに「あ、はいこんにちは」とかいきなりなれなれしく口走る。あとで先輩から実は相手がエライ人であることを教わる。そして正しい応対の仕方を念入りにレクチャーされる。
エライ人の中には新米の無礼に寛容な人もいれば、自分はエライので当然のように威張る人もいるらしい。幸いにして私が応対したのは前者。ああぁぁぁご、ごめんなさい;
私を心配して仕事の口利きをしてくれた方へ・・・
私を心配するよりも、私のせいでボスがいつのまにかエライ人の中で孤立してないかどうか心配して下さい。
ヘタしたら民族紛争になります。

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ