« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004年6月30日 (水)

台湾旅行記2

台湾旅行記1で旅の説明をしたので、これからどんどん写真の説明をしちゃいたいと思います。

【右上】花蓮郊外の名所太魯閣渓谷の入り口。昔はタイヤル族やアミ族が暮らしており、一帯が大きな大理石の地層。獅子の飾りのついた橋の欄干も総大理石。周りの岩全てが大理石なので、マイナスイオン出まくり。おまけに、落石起きまくり。道路には落石のめり込んだ後があちこちに・・・

【左上】太魯閣渓谷。大理石の地層が良く分かる場所。水もとってもきれい。水が大理石に当たってしぶきが出るので、二重にマイナスイオンが出る。なお、写真のエリアは落石多発地帯。看板には「落石注意」の文字。が、どない注意せーちゅうねん(類似するものに「はとのフン注意」というのがある)。このあと、カメラがいきなり動かなくなり、落石多発エリアを抜けたところで再び正常に戻る。
※数日後、台湾の新聞からとんでもないことが分かる。

【左下】太魯閣渓谷のお寺。台湾は道教のほか、仏教が盛ん。精進料理の専用屋台なんてのもあるほど。このお寺も名所なのだが、険しい道を登らないと行けないので、当然行かない。でも、いい感じに雲が流れてきたので撮影。

※5月2日ごろ、台湾の新聞の一面に「台湾東部でM7クラスの地震。太魯閣渓谷で落石死者4人」と出ていた。
写真には、観光客のタクシーが落ちてきた岩の下敷きになり、屋根がへこんでドアがひしゃげた車内から観光客が窓ガラスをあけて命からがら這い出してくる光景が・・・
どうやら数日前のあの時、既に大理石の岩盤が見えないところで壊れ始めており、その影響で変な電磁波が発生してカメラに影響を与えたらしい。太魯閣渓谷のスケジュールを最後にしていたら危なかった。
どうやら、震源が深いので震度はひどくなかったらしい。

Taiwan.jpg

2004年6月24日 (木)

占い師の見た夢の正体

今回見た夢その1
とても大きな大古い木が倒れた上に木が生えているのが脇に見える、緩やかな坂道を登っている。そうやっているうちに、暖炉に使うたきぎを集めようと思い立ち、乾燥した木の枝を一抱えほど集める。しかし、妙に枝集めが後ろめたくなって、枝を抱えながら倉庫のようなシャッターのある小屋に隠れて、父が来るまで迎えに来るのを待つ。が、なぜか警官に見つかって取調べを受けるはめになる、と言う夢。

車は経済状態。樹木は肉体と霊的な身体。たきぎは、ある意味では冬場の「蓄え」だし、冬は自分の心理を表す。
焚き火は「闇を照らす」ことから、「目に見えない世界との交流」を意味する。「父」は誰かに心配されてるということ。
無意識に誰か(父、又は自分を心配する身近な人)と霊的な交流をしようとしているのかも。たきぎは目に見えない(霊的?)蓄えや財産なのだろうか? また、焚き火にはシンクロニシティーを意味すると言われることもある。それから、「うしろめたい」と言う感情を「後悔」に近い系列の感情とすると、良い意味での人間関係の変化というところか。「待つ」というキーワードにも同じ意味があるし。しかし、少々受身な状態かも知れない。そのせいで不自由さや拘束を意味する「警官」が出て来たんだろう。「隠れる」も自由さ・マイペースを望む気持ちの象徴。また、警官には(社会的)責任と解釈することもある。「捕まる」のは重要なことを得る暗示でもある。
解釈をまとめると、自分の持つ目に見えない財産や蓄えを使って、目に見えない世界、多分集合無意識のレベルから、何かをしよう、誰かと交流しようとしているが、まだ自身がなくて受身に傾いているため、自分の持つ不可視の財産・蓄えをうまく使えず、不自由していると言うことか。自分次第では良いこと、嬉しいことが出来るみたいだが・・・

心当たりは十分ある。実は、ひょんなことから急に、占いとは違う全く新しい仕事をすることに決まった。それは、電話番を中心としたある人のスケジュール管理。何故か、理由のわからない興味を感じて、やってみることにした。
初めてのことなので、はっきり言って自信はない。大雑把な私が今から緊張さえしてる。いや、大雑把ゆえにそんなきちんとした仕事をすることに緊張しているんだろう。引き受けた後になって「気楽な占い師が多忙な人のスケジュール管理!?」と混乱し始めているし、何故かすごく重い責任のような気がする。 なんか意味もなく誰かに謝りたい。
だが、夢では「自分次第で有意義なものに出来る」といってるので、まあ、多分大丈夫なんだろう。むしろ積極的になって変化を楽しむことが出来ればと思う。無意識では既にそう思っていたらしい。

さらに、「父」の意味である、「誰かに心配されている」という暗示の心当たりはただ一つ。その人は私が学生時代に「将来は占い師になる」と言ったら両親より心配してくれた有難い人。当時、私は卒業したら占い師をやることへの不安や心配に無頓着だった。「え、そう?」てな感じ。現在まで、幸いにして占い師を選んで後悔したことはない。困る環境にもない(だから選んだ道だが)。今回の仕事は、その人から紹介されたものだ。多分、あの時からわざわざ心配してくれてたんだ! 申し訳ないような、情けないような(笑)。
仕事は、大好きなチベットに関係するもの。チベットに旅行した時、チベットの人々には大変お世話になった。子供の頃から、ある意味暗い永久凍土みたいだった私のココロを、いきなり純朴な笑顔で瞬間解凍して初夏みたいな気候にしてくれちゃった人達。その上、ご丁寧にもヤクに鍬を引かせて物凄い勢いで耕されてしまった。無論本人達にそんなつもりはなかっただろう。ただ、純朴でやさしく、人懐こかっただけだ。素で強力な癒し系キャラだっただけ。暖かく耕してくれたお陰で、凍土に埋まっていたらしい種から、何かが生えてきた。
よもや種から占い師が生えて来るとは本人も予想していなかった。しかもそのせいで、日本でもチベット人に心配され、世話を焼いて貰っている。
そう、心配して今回仕事を紹介してくれた人はチベット人。スケジュール管理の対象者もチベット人。給料の出所もチベット人。
・・・あなた達は、よってたかって私をどこまで耕す気ですか? し か も 今 回 は 肥 料 ま で !

今回見た夢その2
首の後ろから服の中に毛虫のような虫が入り込み、驚いて目が覚める。
毛虫は煩わしいこと、どうでもいいこと、とるに足らないことを表す。
「背中」はすぐに解決出来るトラブル。
心当たりは、あのときのチンピラ達
しかも、彼らが来たとき、隣の植え込みで大きな毛虫が葉っぱを食べていた。
チンピラ大明神。ご神体は「毛虫」・・・・・・・・・・・・確かに嫌われるよなぁ。

2004年6月20日 (日)

チンピラVS占い師

今日は風に負けずお外の占いをしていた。すると、チンピラが「みかじめ料をよこしたら俺達のシマでの占いを許可する」
とか言って来た。まさか4年間やっててそんな連中に出会うとは思わず、少々面食らったが、あまり怖がるそぶりは良くないと思い、むしろ手相を見せてくれとしきりに言った(チンピラの手相見る機会なんてめったにない)。

チンピラ「ここでどれぐらい占いやってるの?」
AYA「月に一度です」
チ「月に一度? もっとやればイイじゃん(俺達に払うミカジメが作れるくらい稼げよ)。」
A「いいえ。どちらかというと、修行のためなので(不気味な真顔で手を合わせて見せる)。」
チ「怖っ! 宗教かよ;」

チンピラ、どこぞの宗教団体に見えたらしく、ちょっと引き気味。
とりあえず、チンピラの手相を見る。兄貴分のチンピラ、結構面白がる。でも多分、60代ぐらいまで今みたいにぶらぶらしてそう。それから今までの人生経験を生かして自分の道を作る暗示。超大器晩成。
弟分のチンピラ(多分10代?)、「宝くじ、当たるかな?」と興奮しながら手を見せて来る。「5千円くらいなら当たるかも」と言っておく。弟分、ちょっと嬉しそう。
結局、チンピラは「月に一度なら多めに見てやろう」と言って威張りながら立ち去る。多分、彼らのシマですらないし、組の構成員ですらない。
私の占いは一応チンピラより老舗。負けないよ。今回は特別勝ってもいないけど。

2004年6月18日 (金)

ココログへ久しぶりに書き込み

車の事故にまつわる一連の出来事で、右腕とスズメから「父親の出費が続く」という解釈をした。これもある意味、ちょっとした占いだ。そんな矢先、今度は父がパソコンをぶっ壊し、起動できなくしてしまった。
直せるか直せないか。父曰く、もしかしたら直せるかもしれないが、すべての作業を最初からやり直すほどめんどくさいらしい。
「もう何年も使ってるからパソコン買い換えようか」という父に対し、私は反対した。ヨドバシカメラに持っていって修理の見積もりを聞いて、出費に対する注意をすべきだ、と。
ヨドバシに持っていった結果、ディスクが壊れていたわけではないので、家で何とか直せることがわかった。直し方は父が目星をつけていた通りだった。修理を頼むまでもない。買い換えていたらそれこそ無駄な出費だ。
父は丸一日かけてめんどくさい作業をくりかえし、14日の夜やっとネットに接続できた。

そして今日、ネスケのバージョンアップとブログの混雑を乗り越えてやっと記事を書く。

2004年6月10日 (木)

ってかBSEかよ! 

事故った車は12年乗りつづけていた。だから修理せず、買い換えて下取りしてもらうことになった。買うのは「プレミオ」と言うトヨタ車。
ウチの母は 

*「プリオン」と呼んでいた。


*BSE(狂牛病)の原因

家族でそれを知って爆笑したあと、何故か「乗ってみたい車の名前」を順番で挙げることに。急きょ家族会議が始まる。つけっぱなしのテレビにはニュース番組。全員ビールの飲みすぎ。

★以下が思いついた車名
母「淑女(フェア・レディを日本語にする)」
父「恋人」
私「・・・」
母「オードリー」
父「ロマンチック街道」
私「敗戦処理」
父「ミツビシ・リコール」
母「自己責任(メーカーは三菱指定)」
私「れ、レイクサイド」
母「ポニーテール」
父「・・・」
母「印象派」

余りにも不謹慎なため、ボツになった車名・・・
「拉致問題」

全員ビールの飲みすぎ。というか、脳がBSEに感染してる。

チャームド 魔女三姉妹

BS2で水曜1午後10時からやってるアメリカのドラマ「チャームド 魔女三姉妹」が意外とツボだ。
「ビバリーヒルズ青春白書」のキャストやってた女優シャナン・ド・ハーティもいた。
あらすじを言うと、アメリカの西海岸に住む代々「良い魔女」の家系に生まれた三姉妹が魔力に目覚め、その力を使って悪魔と戦ったり、「善き者を助ける」ために活躍する話。一話完結。
三姉妹の長女役だったシャナン・ド・ハーティがプロデューサーとケンカして台本が変更され、話の途中で長女は悪魔との戦いで死んだ事になってしまった。変わりに、三姉妹の母親の隠し子が魔力に目覚めて合流。もう一度「魔女三姉妹」になって大活躍中。経緯もストーリーも、基本的には下らないし、バカバカしい。が、なんか好き。安っぽいCG使ったりしてるところがまたイイ。なにより、キャラクターを含めドラマ全体が何となーくバカメリカン・テイストで好き(笑)。個人的には次女の旦那になった天使がツボ。


まあ、それとは別に、魔女と自称する人々は今でもいる。別にほうきに乗ったり毒りんご作ったりはしておらず、キリスト教以前のヨーロッパにあった土着の呪術や女神崇拝、自然崇拝、ハーブの知識などを現代風にアレンジして実践している。そういったものを全部ひっくるめて「ペイガニズム」と呼ばれており、実践してる人はペイガンと呼ぶ。その現代のペイガンの中に、「魔女」と自称する人がいるということ。ペイガニズムの一種でいわゆる「ウィッカ(魔女術)」なんてのをやってる人たちがそれ。ウィッカは「ウィッチクラフト」と言うこともある。ウィッカをやってる人を「ウィッカン」と呼び、チャームドの魔女のイメージもそこから来ているようだ。「良い魔女」である三姉妹が「悪魔」を倒すあたりがキリスト教ちっくだが、まあそこはあくまでドラマ。
もともとペイガニズムは異教、ペイガンは異教徒と言う意味。だから本来はケルトやギリシャの神々もペイガニズム(異教)。ちなみに、イースターやハロウィンなどは、もともとは異教徒(ペイガン)の祝祭だったのをキリスト教の祝祭ってことにしただけ。中世ヨーロッパで行われていた魔女狩りも、多分実際は言いがかりや、教会による異教徒弾圧の一つだったのだろう。異教徒弾圧というとユダヤ教徒やイスラム教徒をイメージするが、土着の信仰も取り締まり対象だった。あとはカバラの研究者や占い師なんかも時々引っかかったかもしれない。確かに、キリスト教以前の土着の呪術や信仰の中には、生贄を捧げたりするものもあったりしたので、それが後の魔女のイメージに繋がったらしい。

詳しく知りたい人はこちらが分かりやすいでしょう。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/library/pagan/pagtop.html

2004年6月 8日 (火)

今日見た夢

狂った人がどこかへ走り去っていって、その人を探しに行く夢。
笹林の中の小道を進み、「お父さんの沼」と呼ばれる小さな沼に行き着く。
その沼だけ他の小さな沼より明るい。狂った人はどうやらそこに隠れているらしい。

解釈してみると、沼は体内の、特に下半身の循環機能が悪く、いらないものが澱んでいる象徴か。
多分、私だけ無く、ウチの父も循環に悪さでは当てはまる。腎臓の辺りが凝るし、水虫だ。
狂った人は願いが叶う良い暗示であると共に、心身のバランスに対する注意。
体内にいらないものが溜まると、ココロの中にもいらない物がたまる。いらない物は時に、体の一番低い場所、足に沈殿する。むくんだり、こむら返り起こしたり、水虫にも関係していたり。

また、消化・吸収がうまく行かず、食べ物が体内で消化しきれず、まだ細胞が栄養として吸収するには大きすぎる塊「未消化物」となって腸や血液にとどまると、体にも良くないし、神経や神経の行き着く先、脳・・・・・ココロにも悪影響を与える。要するに毒素。その未消化物のことをアーユルヴェーダでは「アーマ」という。「アーマ」にもドーシャで分類できるので、ピッタ(火)に属するアーマやカパ(水)に属する、ヴァータ(風)に属するアーマなどがある。アーマがたまって体に悪影響を及ぼすと、もちろんドーシャバランスは崩れる。また、アーマが体にたまると神経はそれだけでストレスになり、些細な事から激怒したり、ひどいと理由の無い怒りが生まれたり、凶暴になり、暴力的な振る舞いをすることもあるという。多分この例のアーマはピッタ(火)。カパのアーマは恐怖と関係するらしい。アーマは基本的に毒素なので、神経や脳に影響すると幻覚や妄想を起こすのもある。私も気をつけねば。一昨日飲みすぎ食べ過ぎ。
アーマを排出するには色んな方法がある。オイルマッサージもその一つ。そういった毒素を排泄する事を「パンチャ・カルマ」と呼ぶ。案外、世間で起こる理解し難い事件をやらかす人の中には、アーマがたまってる人もいるかもしれない。カッターでクラスメイトを切り殺した小学生がそうだとは断言しないけど。
一説では、「悪魔」は「アーマ」が語源だといわれている。

2004年6月 7日 (月)

エスニック料理あれこれ・・・

昨日は「アジア料理を楽しむ会」のクッキングパーティーへ行ってきた。調理室を借りて、皆思い思いに作りたいものをつくり、食べる。ベンガル風鯖カレー、トルコ風チキンのオーブン焼き、ガドガド(ピーナツだれのサラダ)、ココナッツのサラダ、フライド・ホッケンミー、杏仁豆腐・・・
いやー、食べた食べた食べた。
生まれて初めて食べるものが大半。みんなとってもおいしい。チキンはさっぱり柔らかジューシーだし、カレーはスパイスの香りと鯖のだしが効いてるし、ココナッツのサラダはかつおの風味が良く合い、ガドガドは優しい味。ホッケンミーはちゃんぽんの原形のような味付けに付け合せの辛いソースが素敵。自作の杏仁豆腐はココナツクリームを大量に入れて寒天で固めたので、ふわっとする食感になった。
参加者は2歳児入れて8名。それでも全員で平らげるにはかなり苦しい。なので、残った料理は全員で分けてもって帰る。もって帰ったものは家族にあげた。夕食はもう入らないので。
次の日の朝は胃もたれ。午後になるまで何も食べる気が起きない。

2004年6月 5日 (土)

週刊アスキーに掲載

このブログが6月3日発売の「週刊アスキー」(http://www.ascii-store.com/catalog.cgi?id=64589
の取材を受けて掲載されました。職業別ブログの占い師代表です。
更新サボれないな・・・
「こんなこと書いて欲しい」というご要望があればコメント下さい。

2004年6月 3日 (木)

ザ・厄落とし

私の乗っていた車が事故った。人様の車の横っ腹にかなりのスピードで突っ込んだのだ。ぶつかる寸前、後ろの席でたまたま助手席の頭の部分を右手で掴んでて、ぶつかった時の衝撃プラス、前へ吹っ飛ばされまいとふんばって腕に全体重がかかったので、右腕の付け根に一瞬かなりの負荷がかかったらしく、右腕が筋肉痛。体臭がサロンパス臭い。父親と相手の車の乗員は無傷。しかし、この程度で済んだのには奇妙な背景がある。

次の日、乗っていた車の前の部分にあわれな小鳥が挟まって死んでいたのがみつかる。あの時丁度車がぶつかった瞬間、丁度挟まる空間に飛んでいたらしい。スズメっぽい。夜だったのに。この小鳥が身代わりになったのか。もしこの小鳥がいなければ、今ごろ・・・・。
何だか気になって夢判断と同じ要領で「スズメ」と「右手(右腕)」という象徴を解釈してみると、「スズメ」は出費がかさむ暗示。そして「右手(右腕)」は男性もしくは父親を表わす・・・・・・・・・・。

私が乗ってるとき事故を起こした車のドライバーは・・・

私 の 父 親 で す が 、 何 か ?

も ち ろ ん 罰 金 と 修 理 代 か か り ま す 。
あー、やっぱり厄落としだわ。

今日、アジサイの根元でスズメちゃんの埋葬を終える。小さな花と一緒に。

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ