« 2002年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月

2004年1月28日 (水)

だるま市

今日は地元の麻生不動さんでだるま市。
お寺のそばではだるまの露店がひしめき合ってた。すごい人だかり。
お客がだるまを買うと縁起を担いで三本締めしてくれる。そして買われていっただるまの何割かは役目を終えるとどんど焼きの火にくべられて爆発するのだろう。
shasin.jpg
なお、チョコバナナ売りとのじゃんけんに勝ったのでもう一つ余分にもらえたのがうれしかった。

2004年1月27日 (火)

間違って覚えちゃったことば

その1
私が間違って覚えていたコトバは雰囲気を「ふいんき」と言ったり、タイムリミットを「タイムミリット」だと思ったことでしょうか。また、中学生の頃、「連れ」と「連れ合い」を混同してました。ファミレスでの待ち合わせをしたとき、私を席に案内しようとしたウェイトレスに「連れ合いが来ているので・・・」と断わったために相手が息を呑んでいました(笑)。
・・・そりゃ犯罪。
その2
私の友人Dは留学生で、とても親切ないい人でした。
彼はある日電車に乗っていると、靴ズレか何かで足を痛そうにしている若い女性が目の前に立っているのを見ました(直訳調)。彼は気の毒に思い、その女性に自分の座っている席を譲ることにしました。
そして彼はその女性に言いました。
「ドウゾオサワリクダサイ」
Dが「座る」と「さわる」の違いをはっきりと知ったのはもう少し後の事です。

2004年1月23日 (金)

予知味覚??

やれやれ。一段落ついた。
20日は太極拳だったんだけど、行く途中に何故かアーモンドのような香りと甘い味が急に口の中に広がるという現象があった。もちろん、何も食べてはおらず、近くにレストランも民家も無い畑の広がる道を太極拳しに自転車漕いでいた時。
そのときは別段大して気にもとめてなかったけど、その数時間後・・・

昼にラーメン食べたら中にスチールウールの繊維が入ってて、お店の人にそれを見せたら「お詫びに」と杏仁豆腐をもらった。

2004年1月19日 (月)

どんど焼き

おととい地元の線路沿いの田んぼでどんど焼きがあった。和光大学の和太鼓サークルがお神楽をやってた。20cmくらいの獅子舞とかもやってた。
お酒や手作りの漬物、お汁粉、お雑煮等が出された。焼きイモもした。このとき生まれて初めて正しい焼きイモの作り方を知る。濡れた新聞紙にイモを包んでからアルミホイルで包み、そっと燻った灰の上に置く。
どんど焼きに火をつけると、ほんの数秒でてっぺんまで燃え広がり、バジバジと無気味な音を立て始め、やがて火のついただるまが爆発しはじめる。
この地域は農家の人が多いせいか、お正月飾りも気合が入っていたらしく、どんど焼きがでかい。竹が破裂したりでかいだるまが爆発したり大きな音が出ると。子供達がそれだけではしゃぐ。よちよち走り回っていた女の子が田んぼのぬかるみへそれは見事にダイブしていた。しかしそれでもめげずに走り回るのが恐ろしい。私のジーンズにも小さな泥の手形がいつのまにかくっついていた。
ほかにも、丸太を運んで誰かが線路を突っ切っていたら近くまで来ていた電車が止まったり、酔っ払いが燻った灰の上を走って渡ったりとかなり色々あった。
お神楽もいけてた。酔っ払いがそれにあわせて踊る(私を含む)。
香ばしくてイイ思い出。
up.jpg

2004年1月15日 (木)

@縁と時空の不思議@

昨日ちょっと不思議に感じたことがあった。
昨日は太極拳をしに行った後、銀行で用事を済ませた。
そのあと、以前から気になっていた銀行の向かいの古びた看板の洋食屋へ思いきって入る。
ランチを食べてみた。ハンバーグにかかってたトマトソースが美味。食後にコーヒーがついてて、食事よりコーヒーがいける。で、コーヒー飲みながら店に置いてあった雑誌を気まぐれで手にとったら意外と面白かったので丸々一冊読んじゃった。
あ、もうこんな時間。早く電話鑑定待機しなきゃと、急いでお勘定済ましてチャリを漕いでいたら銀行に忘れ物していたことに気付き、銀行へ引き返す。
銀行で忘れ物を受け取るために係員を待っていたら、ある人が驚いて声をかけて来た。
「人違いだったら申し訳ないんだけど、あなた手相見てくれた人?」
顔をよく見ると、なんと、去年お花見の時期に地元の桜並木の下に腰掛けて花見客を相手に手相を見ていたとき占った二人組!
あの時は色々話が弾んで面白かったことを思い出す。「占いがんばってね」といってくれた人達だった。当時はまだメールやサイトを立ち上げていなかったのでまたいつか私の手相をやるために連絡先を知りたがっていたけれど、ろくに教えることも出来なかった。サイトを立ち上げてからは桜並木を通りがかる度に「あの二人どうしてるかな」といつも思っていた。つい一昨日さえも。
忘れ物を受け取り、その場が妙に盛り上がるなか二人に近況を伝え、HPの書いてある名刺を渡して別れた。
このことは、私が気まぐれをおこして銀行の向かいでランチを食べ、雑誌の記事に思わず見入り、銀行に忘れ物をしてそれに気付いて取りにもどらなければ起きなかった出来事。
もっと言うと、数日前キャッシュカードをなくしたと勘違いして銀行に届け出たらその日のうちにすんなり家で見つかり、手続きのために昨日は銀行へ行ったので、そもそも数日前変な勘違いをしなければ銀行には行かなかったし、忘れ物もしなかったのかも?
まあ、考え過ぎるとワケがわからなくなるのでこの辺にしておこう。
ともかく、二人に会えてなんかすごくうれしい。妙な「縁」を感じる出来事を経験したのはこれが初めてではないけれど、いつも思うのは、こんなことが起きるのは、きっと私の住む世界に何か秘密があるに違いないということ。
二人と出会う時空が縁によって出来上がったと考えてそれを「運命」と呼ぶ人もいるかもしれない。
でも、私は「あらかじめ全てが生まれる前から決められている」とか、「自分自身とは無関係に何者かが最初から最後までその人の人生を計画し、それに基づいてその人の時空と人生を作っていく」とは考えない。そうやって世界が作られているとも思わない。
その人の「運命が決められている」ということは、「運命を決めたものがいる」ことを意味する。
自分の人生をあらかじめ決めた者がおり、プログラム通りの事しか起きなければ自分が良い方向へ行く努力や工夫は意味を成さないし、誰も自分に責任を持たないし、ましてや占いを利用する意味がない。最初から何でも決まってたらアドバイスは必要ないから(運命論は「マトリックス」の世界観と似てる)。

だから昨日の出来事は、もっと違う「何か」が隠れてるんじゃないかと思う。なんかものすごい秘密が。
世界のほんとうの秘密が知りたいので、これからも占いを続ける。

未来予測と平行世界の検索

2004年1月13日 (火)

不思議な話 ~韮○さん~

※これから大変怪しく、マニアックな話を書くのでご注意ください。

あれは数年前、レンタカーで東北を家族旅行したときのこと。秋田県鹿角市には「日本のピラミッド」とマニアの間で囁かれる黒又山(通称クロマンタ)というきれいな二等辺三角形 の山がある。
その日は十和田湖、奥入瀬を巡った後、その黒又山の麓にある「大湯環状列石」という縄文遺跡に立ち寄り、宿の玉川温泉に帰るというルート。
玉川温泉に帰る途中、黒又山付近。そこで、ある事件が起こった(プロジェ○トX風)。当時88歳になる祖父が空に妙な物を発見。思わず愛用のカメラでそれを撮影。その妙な物とは何のことはない、ただの雲だった。問題はその形が余りにも不思議だったこと。円盤状の雲が何段にも重なって、まるでUFOみたいだったことから、車内がマニアックに盛り上がった。しかもその雲、どんどんこっちへ近づいて来る。
祖父が「88年間生きてきたがこんな雲は見たことがない。」と写真を撮りまくる。母も私も写真を撮る。
唯一、父だけが呆れる。 Zuiun1_2
結局この雲、三時間ほど車について来たあげく、玉川温泉付近の山中で山の向こうへ消えていった。
その他の写真はこちら→
それから1ヵ月後。た○出版の関係者と母が友人であったため、まだ本社が早稲田にあった頃件の雲の写真を持って母と遊びに行った。
そしたら写真を見た母の友人Dさんが興味を示し、なんと手元にあった電話一本でTVタックル超常現象スペシャルでお馴染みの、まだ編集長だった韮○さんをその場へ呼びつけてしまった。面白い写真があるから、と。
韮○さん、雲の写真を見て目を輝かせ、目撃した場所、日時、撮影したカメラ機種等を事細かに私や母に尋ねた。やはり彼にもUFOに見えたらしい。テレビでしか知らなかった彼だが、非常に実直な印象を受けた。Dさんは、「彼はとても真面目でいい人なんだけど、TVに出て彼の発言が面白おかしく編集されてしまっているため、どんどんイメージが実際とは離れていってしまう」とぼやいた。彼自身、自分のやっていること、言いたいことの本当の所を分かった欲しいというようなことをチョロっと言っていた。
韮○さんは各地のUFO目撃情報をチェックしており、時には日本国内はもとより旧ソ連や南米などにも足を運んでいる。UFOに関する書籍をいくつか翻訳も手がけている。その日は彼からも色々面白い話が聞けた。
彼曰く、「海外ではUFOが着陸したという情報があるが、日本ではまだ着陸したという情報が入っていない」とのこと。彼に、冗談めかして「UFO着陸したら教えてね」と言われてしまった。
その後、あの写真はめぐり巡って某雑誌の読者コーナーに載り、今は家のどこかで眠っている。
あの写真のお陰でネットその他での知り合いも増え、その中のある人のサイトにはスキャナで取り込まれた写真の画像がサイトの片隅でひっそりと息をしている。

2004年1月 7日 (水)

★星座別2004年の運勢★

・・・占い師をしているので、こんな占いも載せてみる。

◆牡羊座 3.21~4.20
自信と金運が影響しあう予感。金運・恋愛運に共通して言えることは、満足のいく結果や成果、報酬を得たい余りに正統な手順を飛ばして結果だけを求めてしまう事に注意。「結果や報酬がちゃんと得られるだろうか?」という不安や自信の無さからそれが起こりやすいみたい。そんな気分でいると、例え好い結果や報酬を得ても次回が心配で満足感ではなく「まだ足りない」って感覚が出るかも。
恋愛運や金運が下がったなと感じたら自分の気持ちをよく観察して。
「正統報酬」の暗示が出ているので、自分がやった分だけのことは帰ってきます。例え少し遅くても。
健康運は新陳代謝がポイント。体内の老廃物を出して血の流れをキレイにすることを心がけて。
血の流れが良くなるとお金の流れもUP。
ラッキーカラー:あずき色、紫系

◆牡牛座 4.21~5.21
結論が出なかったり決断へのプレッシャーからか、他人と自分を比べると他人の方が自分より良く見えることがあったかも。しかしそこから一念発起して、新たな自分なりのスタートを踏み出す暗示。
周囲の意見や勧めだけではあなたに意欲を与える事は難しいでしょう。一般的におうし座は周りを気にし過ぎるあまり、さらに優柔不断になるという傾向があります。何故ならあなたにとって一番いい結論はあなたにしか分からないから。
一端自分の考えがハッキリすると実行が早いのがおうし座。焦らず、しかし確実に自分の足で進むでしょう。優柔不断さは自分の最も良い結論を出したい気持ちのあらわれかも。
健康運ではお肌のカサつきや手足の先の冷えがあるかも。そんな人はお風呂にゆっくり浸かってベビーオイル等でケアして。鼻水の出やすい人は乳製品やカフェインを控えめに。
ラッキーカラー:赤、赤紫系

◆双子座 5.22~6.22
前半は去年の疲れが残っているからか、ダレ気味の傾向が。しかし今年のふたご座の時期になると急激に元気を取り戻す予感。新たな目標を目指す人も多いでしょう。去年、何となくこのままではいけないと感じてた人がいたかも。いずれにせよ、前半で英気を養い、後半に備えましょう。今年はなぜか雑多な問題や面倒なことがあるように見えますが、乗り越えたり片付けるだけのパワーは充電されるようです。
自分が感じている不満の中に自分のためのヒントが隠されているようです。感じた不満を良く覚えておいて損はないでしょう。振り返るときっと役に立ちます。
また、時間をかけて取り組む物事をはじめるのにも向いている年です。やっぱりやっておきたかったことや前からチャレンジしたかった事をやってみるのも吉。
健康運は冷えと寝不足注意。軽い運動○。
ラッキーカラー:オレンジ、レンガ色

◆蟹座 6.22~7.22
勘違いから来る失敗に注意。分かっていると思っていたことが実は正確ではなかったり、恋愛面では「何もいわなくても相手は分かっている」と思っていたら相手の認識が実際とは微妙に違っていたり!?
次へ進む前に出来るだけ情報の確認もかねて人とコミュニケーションをとって。そうすることで情報不足から来る不安から、つい暗い考えや予想を作ってしまうことも防げます。前から持っている疑問や質問があれば口に出してみては。
また、人と情報のやり取りや確認をするうちに思わぬところで良い情報が得られる暗示金運は収入と支出のバランスに気をつけて。
健康運は肩こり注意。コーヒー、コーラなどの黒い飲み物を飲みすぎて寝不足に注意。
ラッキーカラー:黄土色、ゴールド

◆獅子座 7.23~8.23 
前半は去年の勢いがまだ残っており、勢いのあるうちにそれを利用していろいろやっておこうとする傾向。問題は先延ばしにしないで出来る時に解決しておくでしょう。中盤になっていったん勢いがダウン。去年とはまた違うノリになってゆきます。その時体調が崩れやすくなるので年の初めの不摂生には要注意。去年から勢いに乗ってガンガン進めていたことや努力がなかなか見えづらく、不満を感じたり無気力になるかもしれませんが、終盤には自分がやった分だけの収穫が。
恋愛を含めた対人運では去年からあなたのペースが速かった時期なので、相手が考える時間や相手のペースも尊重してあげましょう。
健康運は夜更かしや、夜遅くに食べたり、冷たいものを他の食べ物と一緒には食べない方がよさそう。
ラッキーカラー:明るい緑系

◆乙女座 8.24~9.22
融通が利くようにしておくと吉の年。
恋愛運では、過去関係の放棄の予感。何となく切れずにずるずる引きずった縁は今年で終わりなのかも。縁がつながっているることに意味があるのではなく、縁が無くなった後の日常にどう順応していいかわからないから不安で切れずにいただけの恋は、気が付くと足が治ったあとも松葉杖を持ち歩いていたようなもの。また、去年と共通の傾向で、自分にとって重要だと思っていたことがそうでもなかったり、取るに足らないと思っていたことが重要な鍵を握っていたりする運の傾向が。今と昔でどんな変化が起きたか振り返ってみるとヒントが。総合運では突然の出来事に混乱するかも知れませんが、順応性でなんとかフォロー出来そう。健康運では体に負担がかかっていても気付かない、分かりにくいかも。休養や食生活を振り返って。
ラッキーカラー:透明、暖色系の半透明な色

◆天秤座 9.23~10.23
恋愛運ではあなたの魅力がはっきりと出やすくなります。そのため、下心のある人や誘惑が近づいて来るかも!?
既に恋人のいる人は、恋のレッスンが新たなる段階に来ていることを暗示。相手のことをより知る事で成長がなされるでしょう。恋の駆け引きでは思ったほどの見返りが得られないことがあるかも。まわりくどい方法を使ったり、大きな期待をかけて相手に尽くしたり、自分を犠牲にしてまで相手から見返りを求めるよりは、自分で今の恋に対する喜びを感じた方が○。相手があなたの期待に応えられないことも時にはあります。
対人運を含めて、相手との約束や取引はよく考えて行ってください。勢いで言った口約束がトラブルを起こしたりその場ですぐ契約したらもっと良い条件での取引が後で見つかったりすることも。健康運は足のむくみには入浴を。
また、自分で技術や知識を身に付けたり、能力や才能を磨くのに良い年です。興味のあるものにトライしてみては。
ラッキーカラー:赤、紫

◆蠍座 10.24~11.22
一度にたくさんのものを自分にさせよとする傾向。また、何でも請け負ってしまう傾向も。優先すべきものや、一度に自分が出来る分だけやった方がベターだし、出来ないことまで請け負わないで。消化不良の原因に。
全体的にみて、去年持ち越してきた問題は早いうちに解決できそう。
また、恋愛運では抱え込んでいたものが限界に来て感情的になり、自分から波風をたててしまう前に相手と話し合ったり打ち明けて吉。旅行など、どこかへ行ったことの無い場所出へかけるのにも運が向いてます。去年にも増して目的意識や理想を目指す意識が強くなりそうです。ハードルを高くし過ぎて投げ出したり無理をして疲れてしまわないように注意。周りにあなたの理解者がいます。
健康運は飲みすぎなど、胃腸に負担をかけない生活を。口内炎になったら消化不良の暗示。
ラッキーカラー:えび茶色、落ち着いた黄色

◆射手座 11.23~12.21
恋愛運がスランプ気味。射手座の男性は自分のアプローチやアピールに対する女性の反応があまりよくないと感じたら勢いを弱めて下さい。射手座の女性の場合はプレッシャーを感じて自分が上手く表現出来なかったり恋人に上手く理解されてないと感じたら自分の時間を増やして自分のペースを取り戻すとヒントが。束縛したりされたりが嫌いな射手座さん。浮気や目移りしそうになったらよく考えて選択を。
金運はストレス解消で衝動買いや贅沢をしていたら思った以上に支出が大きかったりするので注意。本当に重要だと思うことのためにお金を使って。ストレスにはジャスミンやバラの香りが○。
対人運では、恋人だけでなく、友人など他の人々との付き合いも大事に。いいことがあります。
健康運はノドの痛みや鼻水が出やすいようです。乳製品、スパイシーなものの食べ過ぎ注意。
ラッキーカラー:エメラルドグリーン、アースカラー

◆山羊座 12.22~1.20
運勢が一新する暗示。恋愛運では今までと違った恋をしたり、今までとは違った付き合い方が始まる予感。
今年は運勢の道のりの第一歩になりそう。大きな目標や時間をかけて行う計画の準備が整っていよいよ最初のステップを始めるような運勢です。少し忙しくなるかもしれませんが突然何かがあっても臨機応変に対応できるよう、柔軟に構えてください。突然の出来事はある意味ではチャンスとなります。
また、何かと他人任せにしてしまうと、後から自分が「本当はこうしたかった」なんて思うことがあるかも。「私は別にどっちでもイイよ」「適当にあなたが決めて」というセリフは控えめに。自分がこれからどうしたいのか、はっきりと確認して○。
健康運は血の流れが悪くなりがちです。肩こりや背中の痛みがあったら体を冷やす物やカフェインを避けて。
ラッキーカラー:黄色、シルバー

◆水瓶座 1.21~2.18
何かと頼りにされることがある年。義理堅い一面のある水瓶座さんですが、尊敬されたり頼りにされると断わりにくくてそれがプレッシャーに感じた時は、まず優先順位を決めて自分が出来る範囲での協力を。同時にに多くを請け負った責任感のあまりに自分で作ったプレッシャーで自分を追い詰めたり不安や悲観を持つと、出来ることまで「出来ないんじゃないか」と思ってしまうみたい。頼りにされたらまず何を優先するか決めて、「出来ること」を選択したら「責任」より「自信」から入っていきましょう。
対人運は○。時には相談相手になってくれる人もいるでしょう。必ずしも一人で全て抱え込む必要があるとは限りません。
恋愛運は不安感があればすぐにコミュニケーションなどで情報不足を解消して吉。根拠無く悲観しないで。
健康運は、寝不足や眼精疲労に注意。お風呂に入って早く寝て。
ラッキーカラー:赤紫、アプリコットピンク

◆魚座 2.19~3.20
目的を達成するために計画を実行する年。以前からあったアイデアや計画が有効に発揮出来そうな予感。
今ひとつ踏み切れない、決意が揺らいだり自信が無かった人も、今年は前に進めそう。 
恋愛運では、好きな人がいるけれど告白して断わられて独りに戻るのが恐いので「保険」のために別の人とカップルになっておいた上で本命にアタック、なんて人も!?
全体的に、自分が上手くやれるかどうか不安感のあまり計画を直前で変更したり、優柔不断になったり、時には目的達成のためにかえって危険な方法や大胆な行動をとりやすい傾向が。自分の本来の思いに適った進み方があなたにとって一番良い結果を生みます。
健康運は水分代謝が鍵。体内の古い水分を老廃物と一緒に出して、常に新しい水分の循環を。生姜スープ○。
ラッキーカラー:ゴールド、明るい青系

2004年1月 4日 (日)

占い師から見た「アメリ」

テレビで「アメリ」と言う映画を見た。
内気に育ったために、恥ずかしくて一目ぼれした相手と面と向かって喋れない、夢見がちでちょっぴりエキセントリックな女の子のお話。
ある一目ぼれした男性の落し物を届けるために、面と向かって相手 に話し掛けられないアメリはあるすごい作戦を考え付く。その行動力は「本当に内気なのかよ!?」とツッコめるほど。その他、善意から様々な笑えるイタズラをやらかす。ナレーションもいい。
内気であってもアイデアを実行する気力と行動力を駆使しているので、大切な事・肝心な「伝えるべきこと」に気付いたアメリの恋は悲しい結末にはならない。

相手に想いを寄せてはいてるけれど、自分の恋に対して何も出来ず、かといって相手と結ばれることをあきらめられず。やがては自分の想いに気付いて向こうから自分のもとへ来てくれない相手を恨み続ける、というケースを占いでもしばしば見かける。「アメリ」は内気だけどそういうケースとはベクトルが違っているので、むしろそのテの悩みを持つタイプの人々を元気付けてくれるキャラクターかも知れない。
「私は何もしないで向こうから私を選んでくれるためにはどうすればいい?」という質問を占いで何度かもちかけられるけれど、全く何もしなければ自分と言う「個人」が存在している事さえ相手は気付かないことを暗示するカードがよく出る。多分相手にとって自分が「ある特定の個人」じゃなくて「その他大勢の一人」になっているんだろう。「自分が何者か。どんな考えを持っているのか」相手は知っているだろうか? 相手が自分の事を意外と知らない、ということがよくある。さっきの質問を占うとかなりの確立で「情報不足」を示すカード達が出る(一目惚れでまだほとんど喋ったことの無い相手や、いつか来ると信じている運命の誰かについて占った場合はいうまでもない)。人間は知らない人より知っている人の方が親しみを感じやすいし、徐々に自分について知ってもらった方が、相手もあなたについて考えたり判断しやすい。デパートの迷子だって、保護者が「ウチの子かも」と判断出来るように、館内放送ではデパートに来た交通手段、住んでいる駅、年齢、服装など、その子の特徴がある程度流される。
恋を叶えるには気力や勇気がいる。まずは何かをする気力をつけることからはじめよう。まず準備として放送マイクに電源を入れる気力。次にマイクに向かって情報を表現・伝達する気力。
「そんな悠長な事してたら相手は別の人とくっ付いてしまって間に合わないかもしれない」?
その恋に、何もしないでただ相手が来るのをいつとも知れず待ち続ける時間があれば、待ってる間で何かする気力をつけるヒマもある。大抵は。

「アメリ」はアメリ役の女優さんが「ミスタービーン」のローワン・アトキンソンとちょっと似てる。ビーンがパリに住む内気な女の子に生まれ変わったらアメリになるかもしれない。もちろんローワン・アトキンソンよりずっと可愛い。
カットの都合で、昔予告編で観た「うつ伏せで階段すべり」が観られなかったのは少し残念。

2004年1月 2日 (金)

和風・アジアンテイストが好き

今回が初の記事です。以前、私のHPにて「趣味の部屋」というコーナーがありました。より多くの人に見てもらいたかったので、これからはニフティーココログにて記事を書くことにしました。
これから私の雑多な趣味や体験談を書いていきます。
第一回目は和風やアジアンテイストな模様や物、そしてアジアと日本のレトロな風景について。
レトロなものや和風の模様が大好きです。レトロな風景や着物のはぎれなんて見た日には興奮して鼻息が荒くなります。特にきものを着たいと思ったことは無いし、そもそも着方を知らないのに、千代紙や、きものの模様を見ると脊髄反射で興奮してしまいます。同様に、インド、中国、東南アジア辺りの模様も大好き。
学生時代に初めてアジアへ旅行したときに、現地の文化と風景にハマって以来、アジアを連想させるものは皆好きになりました。
それ以降、「あ、そういや日本もアジアだっけ」ということを今更ながら実感出来るようになりました。それは私にとって大変うれしいことで、自分が常にあの素敵なアジアに接していられるということを意味します。
レトロな下町や、農家などの古い民家、お寺といった建物や和風柄は私が経験したアジアと同じ匂いであることに気が付きました。今まで日本とアジアを分けてイメージしてたんですね(しかし「和風・日本」と「アジア」と言う単語は使い分けないと意味が通じませんが)。
それまで日本の建物や模様の魅力なんぞは全く理解していなかったのですが、日本以外の国に行ってはじめて日本の文化の魅力の一部なりとを感じ取るようになったと言うのは妙な話かもしれません。多分、私の世代になると普段、建築や模様などの古くからある日本文化には縁が薄いし、同様に縁の薄いレトロな日本の町並みはアジアを旅行したときに初めて知ることになる現地の町並みとそっくりで、むしろ新鮮でさえあるからでしょう。
数少なくなってきた日本のレトロさは、アジアで未だ健在です。新鮮でありながら、懐かしさ、温かさもちゃんとあると感じるのは、やはり私がアジア地域に生まれ住む人間だからでしょうか。多分アジア旅行してからレトロな和風好きになった人はほかにもいるでしょう。HPも和風含めてアジアンテイストにしました。
模様に対する趣味は、私が日本以外のアジアで感じた魅力を手軽に楽しめるものです。ウィンドウズのオマケに入っている「ペイント」で和風の模様を描き、それをアイロンでTシャツにくっける特殊なシートに印刷して自分で悦に入ったりしてました。このシートは洗えます。A4二枚入りで1000円以上するけど。
Tシャツは100円ショップのものを。衣類に貼り付けできるシートはノ○マで購入。太極拳に通う日はいつもそれを着てやってます。ここまで来るとマニアなのかも。なんだかアジア好きの欧米人みたい(笑)。
その他アジア好きの延長で、上妻宏光、チェン・ミン、ウー・ファンの音楽も好きになりました。
盆踊りやお正月などは、普段あまり接する機会の無い伝統的な日本文化に触れることが多くなりますね。
写真は、私がTシャツ用に作った模様の一部です。分かりにくいかな?
shasin.jpg

« 2002年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ